Hitagi Senjyogahara × Hitsugi


Hitago Senjyogahara

戦場ヶ原ひたぎ

蟹に行き遭った少女。

学業はトップクラスで、教科書を全て暗記している。 儚げな美貌、難病をかかえている身の上ゆえに、学校では「深窓の令嬢」とみなされている。

同級生や教師とは、ほとんど会話しない。ただし、気心の知れた友人の前では毒舌家と化す。

自他共に認めるツンデレである。

「蟹」に行き遭い、その鋏によって「体重」を切り取られ、元の体重からなんと5kgという異常に軽い体となってしまう。そのため、服の下にはバラスト代わりに無数の文房具を仕込んでおり、ときに飛び道具の要領で武器として扱ったりもする。

「キスをしましょう、阿良々木くん」


Hitsugi

ひつぎ

兵庫県内で活動しているアーティスト。様々なイベントでキャラクターソングを歌ったり、写真撮影のモデルなどをしている。

喋るのが苦手で、あまりMCなどはしないが綺麗な歌声で多くのファンを魅了している。

Twitter : ひつぎ

ひつぎさんのコメント

☆「戦場ヶ原ひたぎ」を演じるにあたって

ひたぎは独特な雰囲気があり、毒舌で、かつ自己中心的な性格をしています。でも実は、誰よりも友達や恋人の阿良々木くんの事を考えて、その人たちの為に何ができるかを考え、実際に実行に移す事ができる他人思いの女の子だと思います。

また好きな人にははっきりと「好き」と良い、嫌いな人にははっきりと「嫌い」と言う直接的な性格です。

またどんな相手に対しても直接的に言葉を上手く言う事もできないのかも知れないですが・・・そう言った心理描写の表裏をしっかり分けつつ、かつうまくブレンドしたガハラさんを演じたいと思います。

 

☆演じるポイント

ひたぎと言えば文房具。イベント時は常に文房具を持っていきます!

またひたぎは、ポージングの角度がだいたい決まっていて、それを保つ事でなるべくひたぎのポージングやボディラインに近づけています。