Original Character


オリジナルストーリーに登場するここだけのオリジナルキャラクターを紹介!


ヒストリア・ムーンバレッド・ハートアンダーブレード

「始まりの吸血鬼」と呼ばれ、その名の指す通り全ての吸血鬼の始祖。

スーサイドマスターを吸血鬼にし、吸血鬼という概念を世界中に知らしめた。

怪異ひいては生物としての力は理から外れた神次元の力を持っており、その強さはキスショットすらも足元に及ばず「くらやみ」すらも彼女に手出しができない。不死力が全吸血鬼中、最強でどんな致命傷を受けたとしても瞬時に再生する。

現代において吸血鬼となった阿良々木火憐により討伐される。

その正体は、吸血鬼となって死ぬ事ができなくなり、長い時を生きて、過去へタイムリープした阿良々木月火の成れの果て。

霧敷弥生

暦など既存キャラが全て寿命でいなくなり、そこから数百年経った未来の登場人物。ヴァンパイアハーフ。

火憐と暦が一夜の間違いで生まれた子供が臥遠家と混ざり、新たなに生まれた霧敷家の子孫。代々怪異退治の専門家であり、弥生は歴代最強。また子孫にして最強の吸血鬼と呼ばれた阿良々木火憐の能力を色濃く受け継いでおり、現存する専門家の中でもランキング1位として最強の実力を持つ。

普段は活発で元気が取り柄の女の子だが、仕事中は圧倒的な戦闘スキルで怪異を討伐する。

右手に妖刀・心渡、左手に夢渡を持ち、二刀流で戦う。

未来に君臨していたヒストリアを追い詰め、彼女が過去へタイムリープする原因を作った。

斧乃木余接(18歳Ver)

臥遠伊豆湖を始めとする専門家に作られた人口怪異。ただし彼らが全て死んだ為、契約が切れ動けなくなり、霧敷家の屋根裏部屋に保管されていた。

弥生がそれを見つけ新たに契約し、復活する。弥生が強すぎた為、契約も強く余接自身も成長し、能力が強化されている。童女から18歳くらいの少女に。身体能力も以前の2倍以上になっている。

過去の記憶をしっかり持っていて、弥生に対して最強の火憐と比べ、よく皮肉を言う。またヒストリアの正体にも気づいており、いざ弥生がヒストリアと戦う時、「彼女とだけは戦えない」と戦闘に参加しなかった。

千石枯葉

神殺しの専門家・千石撫子の子孫。怪異退治の専門家の中でもとりわけ「神」と呼ばれる怪異の退治・鎮圧を得意とする。

実力は確かなもので、専門家ランキング3位。一定以上のダメージを受けると蛇神化が発動し、怪異となりあらゆる能力が向上する。

弥生の親友で、よく行動を共にする事が多い。内気な性格で、大人しいが、やる時はやる。また蛇神状態の時、性格も荒くなり、狂気に満ちた性格となる。

掟上菜乃花

羽川翼の子孫。羽川の中にキスショットの血が混ざっていた為、それが子孫に受け継がれ、覚醒遺伝により菜乃花が生まれた。その為、髪色や目の色、顔や雰囲気がキスショットに似ている。

専門家であり、その実力はランキング2位。弥生に対して、ライバル心を燃やしている。しかし裏で良くない事に関わっている噂もある。

妖刀・智渡を使用する。

裏でヒストリアの目的に協力していて、自身のキスショットの残力を使用し、タイムリープを発動し、弥生に追い詰められたヒストリアを過去に逃がしている。